バイトに受かったけど行きたくない!←解決法は1つです

バイトに受かったけど行きたくない!←解決法は1つです

「バイトに受かったけど行きたくない」

この悩みは、「バイトあるある」ですよね。

バイトに受かったはいいものの、面接時のバイト先の雰囲気店長の態度など、嫌な予感がすることは良くありますから。

そして、その様な予感を感じたバイト程、簡単に受かったりするものです(笑)

普通に考えたら、バイトに受かったのに「行きたくない」なんて、言語道断です。

でも、バイトは長く働くつもりで受けるものですから、嫌な予感がしたら「行かない」のが正解だと思います。

とは言え、一度あることは二度あるので、今後も「同様の悩み」が生まれる可能性が高く、完全に解決するのは難しいのが現実です。

しかし、1つだけそれを「根本的」に解決する方法があります。

YUU
僕の場合、バイト先の雰囲気や人間関係で悩むのが嫌になり、「その方法」を実践した結果、解決できましたからね。

よって当記事では、

「バイトに受かったけど行きたくない」

この様な悩みの解決法を紹介します。

バイトに受かったけど行きたくない場合は辞めましょう

バイトに受かったけど行きたくない場合は辞めましょう
「バイトに受かったけど行きたくない」

あなたが本気でこう感じたのなら、行かない方が良いです。

理由にもよりますが、面接時のバイト先の雰囲気バイトや社員の自分に対する反応など、嫌な予感がする場合、僕は行きませんでした。

YUU
やけに、バイトが店長にビビっていたり、面接に行った自分に対する態度が悪いなど、「何かを感じる時」ってあるんですよね。

一般的な考えで言えば、「せっかく受かったなら行けよ!」と思うでしょうが、それはその人間個人の価値観での話なので、所詮は他人事です。

世の中に、「バイト」なんて幾らでもあるので、何もそのバイトにこだわる必要はありません。

そして、「嫌な予感」というのは当たるものです。

これは僕の経験上と、個人的な考えですが、

「嫌な予感がするバイト程、
 何故か受かる場合が多い」

というものがあります。

これを分析すると、嫌な予感を感じるバイトは、やはり「何か」がある為、退職者が多い可能性があります。

だからこそ、人手不足なので受かる確率が高いということ。(あくまで経験上の分析ですが)

よって、その様なバイトで働いてしまうと、やはり面倒なことに巻き込まれるでしょう。

YUU
なので、たとえ受かったとしても、嫌な予感がするバイトは行かない方がいいと、僕は思いますね。

バイトに受かったけど行きたくない←根本的な解決法を教えましょう

バイトに受かったけど行きたくない←根本的な解決法を教えましょう
「バイトに受かったけど行きたくない」

これは、普通に考えたら「甘え」であり、解決することは難しいです。

他のバイトでも、同様のことがあるかもしれませんからね。

しかし、それを「根本的」に解決する方法が、1つだけあります。

それが、「在宅ワーク」を行うこと。(僕自身も、バイトの人間関係や出勤などが嫌だったので、在宅ワークを行っています)

当然、在宅ワークなので、最強レベルで快適かつ、ノーストレスで働ける労働環境を得られます。

YUU
今は「ネット」の発達により、パソコン一台で自宅で稼げる仕事が増えていますからね。(パソコンスキルが低くても出来る仕事も沢山あります)

大きく分けると、バイトとして雇われて仕事を与えられて働く仕事と、多少大げさに言えば「起業」し、自分の力で仕事を生み出して稼ぐ仕事の2つがあります。

前者は、最高でも「月収20万円程度」しか稼げませんが、安定して収入を得られる在宅ワークです。

後者は、完全な歩合制の起業なので、「月収100万円以上」を稼げる夢がありますが、結果が出なければその逆もあります。

それぞれ、メリットデメリットがあるので、「あなたの人生計画」や、「好み」に合った在宅ワークを選ぶことをおすすめします。

因みに、僕の個人的なおすすめは、「後者」の方です。

在宅ワークでおすすめは「広告収入系」です

在宅ワークでおすすめは「広告収入系」です

在宅ワークには、沢山のジャンルがあります。

僕のおすすめは、「広告収入系」の仕事です。

これは、主に「ブログ」等を使って特定のジャンルに特化した発信を行い、関連広告商品紹介をして収益化するというもの。

YUU
因みに、日記ブログとは別物ですよ。

ダイエットや美容、薄毛、筋トレなどの悩み系、ゲームや映画などのエンタメ系、転職や起業、趣味やガジェットなど、特定のジャンルに特化した発信を行う、専門的な情報発信ブログです。

需要あるジャンルを扱えば、大きな収入を安定して得られますし、自分が興味のあるジャンルを扱えば、より稼ぎ易い上に仕事も苦ではなくなるメリットがあります。

これは、バイトとして仕事を与えられるものではなく、完全に自分の力で稼ぐ、大げさに言えば「起業」の方向で行うビジネスです。

その為、結果を出せば「月収100万円以上」を稼げる夢があり、また「その逆」も当然あります。

安定性で言えば当然、仕事を受ける立場の「バイト」として行う方が高いですが、長い目で見ればおすすめしないです。

「バイト」として行う働き方では、何のスキルも身に付かない上に、稼ぎも低いので、結局いつかはその在宅ワークを辞めて、出勤系の普通の会社に就職することになります。

結果、バイトと同じく「人間関係」や「職場の雰囲気」に悩まされ、

「バイトに受かったけど行きたくない」

から、

「就職で受かったけど行きたくない」

に、悩みが代わるということ。

しかし、自分の力で稼ぐ「広告収入系」の在宅ワークで稼ぐスキルを身に付ければ、就職する必要はなく、あなたは「経営者」になれます。

YUU
僕自身、就職したくなかったですし、出勤や面倒な人間関係も嫌だったので、「この仕事」を選択しましたからね。

よって、あなたが自宅で快適に働ける環境で生活したい場合は、この自分の力で稼ぐ「広告収入系」の在宅ワークをおすすめしますね。

バイトに受かったけど行きたくない!まとめ

バイトに受かったけど行きたくない!まとめ

ここまで、

「バイトに受かったけど行きたくない」

この様な悩みの解決法を紹介しました。

「バイトに受かったけど行きたくない!」というのは、普通に考えたら非常識です。

「受かったなら行けよ!」と言われるのが、常識的な考えでしょう。

YUU
でも、人それぞれ「事情」や、「許せるもの許せないもの」が違うので、関係のない他人に、自分の価値観で無責任に言われたくないですよね。

あなたの人生を決めるのは、「あなた自身」なので、本当に行きたくないなら、行かないのが正解だということ。

ただし、この悩みは他のバイトや就職する際も、また怒る可能性が高いので、普通の仕事でそれを解決することは難しいです。

よってその場合は、「在宅ワーク」を行うことが、唯一の根本的な解決法となります。

また、その在宅ワークの中でも、自分の力で稼ぐ「広告収入系」の仕事をおすすめします。

この仕事で収入を得られる様になれば、就職する必要が無くなるので、生涯、自宅で快適に働ける生活を実現することが可能です。

YUU
詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA